ボディマッサージクリームの中でも痩せるとウワサのクリームを使ってみた

女性だから、30代でも40代でも50代でもいつまでもキレイにいたいですよね?

最近思うのは、女性らしさは脚に出ると感じています。

ズボンやロングスカートを中心にコーディネートを変えれば、あまりお手入れが雑でもわからないからです。

前の自分も仕事や家事で忙しく脚がひどかったので人のことは言えません(笑)

でも、下半身太りが目立ってきた自分がファッションでごまかしているのは、他人はだませても自分の気持ちはだませませんでした。

自分の気持ちに向き合ってもう一度、下半身太りをなんとかしたいと思ったときに出会ったのが、ボディマッサージクリームでした。

Zerocool / Pixabay

私が参考にしたのはあるホームページでした。簡単なランキングサイトでしたが、他の脚痩せのボディマッサージクリームを探してみましたが、このランキングがなかなか的を得ている順位だったので、信じてレッグ&スタイルを買いました。

1位のバンビウォーターを買わなかったのは、私が30代だし、化粧品も年齢に合ったものが良いと最近気づいたからでした。それで、レッグ&スタイルをさっそく注文して使い始めることに・・・

使い始めの感想は、むくみがマッサージを軽くやりながらつけるので、いいかもぐらいでした。

しかし、実感したのは早くも翌日でした!

「むくみがないし、足が軽い!」

レッグ&スタイルを使ったからというのは明らかでした。
レッグ&スタイルを使う以外は特にいつもと変わったことはしていなかったですからね。

それから、むくみの解消になって気持ちがいいしという理由で使い始めました。

返金保証がついているので、あまりにもひどかったら60日たっぷり使っても返金お願いしようかと思っていたぐらい信用していなかったのですが、試していくうちに本物の脚痩せクリームかもと思ってきました。

今で2か月目ですが、脚がスリムになってきています。

「このままいけば、自分史上1番かも!?」

とかのぼせちゃってます。

けど、お風呂場に写る自分の脚はスリムで細くなってる。

だんだん使い始めてよかったと実感し始めています。

1年間は継続して使うつもりだったので、早くも結果が出ているのがものすごくうれしいです。

→私が選んだレッグ&スタイルは2位です。
選んだサイト[※ボディマッサージクリーム痩せる@20代~40代おすすめランキング

美肌にするために大切なこと

スキンケア、正しい順番で使っていますか?

ちゃんとした順番で使わないと、効果を実感することができません。

洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えることができます。

スキンケアの際に、美容液を使うタイミングは、化粧水の後になりますね。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。
肌にしっかりと水分を与えてから油分の多いものを最後に持ってきて、
例えになりますが、お肌にフタをするのです。
肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、
マッサージをするといったことが、いっそう重要視されますね。

しかし、体の中からケアしてあげることももっと重要です。

不規則な食事や睡眠、喫煙などが重なると、
どんなにいい化粧品を使っていても、
あなたの肌の状態を改善することはできません。

毎日の生活習慣を改善することにより、
肌をカラダの内側から、ケアしていくことができます。
スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。

スキンケアを完全に排除して肌力を活かした保湿力を守っていくいう姿勢です。

でも、メイク後には、クレンジングは、はぶけません。
クレンジングの後がすごく大事です。

何もせずに、肌を無防備にしてしまうと、肌は乾燥してしまいますね。

これは誰もが感じていることでしょう?

カピカピに感じるほど、肌から水分を奪われたこともありますね。
肌断食をたまに経験させるのもいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

スキンケアの基本

スキンケアで一番大事なことは洗顔です。
メイク落としをしっかりしないと肌が荒れてしまうかも知れません。

しかし、洗う際に力が強すぎると、肌をきれいに保つのに必要な皮脂までを取り除く結果になってしまって、荒れた肌になってしまうでしょう。

それから、余分なものを落とすことはやり方といったものがあり、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。スキンケア家電って、本当はこっそり人気があるんです。

外に出かける必要も、時間をわざわざ作る必要もなく、フェイシャルコースをエステで経験する時にも似た美肌を手に入れることができるのですから、もちろん、皆の評判になりますよね。

商品を手に入れたのだとしても頻繁に使用せずに、せっかくの商品に埃を被せてしまうこともあるようです。すぐさま手に入れようとするのではなく、継続して使うことが可能かどうかも調べてみることが大切です。

肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが大切です。

365日全くかわらない方法でスキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえばいいわけではありません。乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように変えてあげることがお肌のためなのです。

また、四季の変化にもあうように使いわけることもスキンケアには必要なのです。